恋都募金


★宮城県石巻市の万石浦幼稚園のカスタネットプロジェクトを支援させていただきました。

180個のカスタネットが園児の毎日にリズムを鳴らしています。踊りながら、歌いながら、カスタネットは大活躍の打楽器です♫笑顔がたくさん溢れますように!想いを込めて。

 

 

★宮城県登米市にある手のひらに太陽の家さんに恋都募金よりCDプレイヤーをお贈りさせていただきました。 

手のひらに太陽の家さんのブログで紹介してくださっています。

http://taiyounoie.org/archives/5205

手のひらに太陽の家プロジェクトでは、福島の放射線量の高い地域のお子様や親子を中心に受け入れを行っています。時々、この「手のひらに太陽の家」に来て、思いっきり自然も感じながらリフレッシュされて帰られます。こちらのリビングルームでCDプレイヤーがまたリフレッシュの手助けとなりますように。想いをこめて。

 

 

 

恋都募金の今とこれから (Koito Donation Fund Raising)

 

恋都募金とは?

2011年3月の東北大震災をうけRuthの呼びかけでスタートした、福島県の会津若松市への支援活動です。たくさんのご協力者により、これまでの義援金の受領合計は¥498891(2017/1/5時点) になりました。

会津若松市への義援金のお届けにはじまり、ほかにも被害をうけ復興を目指している機関にご協力させていただきました。

 

 

恋都募金にご協力いただいた例(一部)

- 鹿児島市錦が丘幼稚園でのバザーで、会津若松の名産"起き上がり子法師"を計300個販売!収益の全額を復興支援いただきました。

 

- 愛知県岡崎市民クリスマスコンサートにて、会津若松の老舗の絵蝋燭屋である山形屋本店さんによる特別クリスツリーデザイン絵蝋燭を販売! 完売!収益の全額を復興支援いただきました。

 

- I Hate This Place Japan Tour 2011にて、恋都募金アーム蛍光ライトを販売。収益の全額を復興支援いただきました。

 

 - みゆき野映画祭さんの上映イベントでオリジナルハンドメイドキャンドル with 恋都募金を販売(山形屋本店様製作)!収益の全額を復興支援いただきました。

Web上でも紹介してくださっています。ぜひご覧ください。

http://blog.snowcollective.com/?p=5744
http://blog.snowcollective.com/?p=5741
http://miyukino.snowcollective.com/

 

- なら国際映画祭で会津若松の復興のシンボルでもある、山鹿興産株式会社様の商品、おきあがりこぼしの販売ブースを設けて頂きました!約二日間で計200個のおきあがりこぼしを販売しました!収益の全額を復興支援いただきました。

 

 

恋都オリジナルデザイン by 山形屋本店 クリスマスツリー絵蝋燭
恋都オリジナルデザイン by 山形屋本店 クリスマスツリー絵蝋燭
スノーコレクティブ & 恋都 共同チャリティープロジェクト ハンドメイドキャンドル
スノーコレクティブ & 恋都 共同チャリティープロジェクト ハンドメイドキャンドル

会津若松の名産品

<アンテナショップ>
・駅カフェ http://www.aizu-furusato.com/ekicafe/
・会津ブランド館 http://aizu-tsshop.com/
<会津漆器>
・鈴善漆器店 http://www.suzuzen.com/
・工房鈴蘭 http://suzuran.typepad.jp/blog/
<会津木綿>
・かねろく会津木綿 http://harayamamomen.com/shohinsyokai.htm
<お土産>
・会津とらぞう http://www.aizutorazo.jp/category/torazo/souvenir

 

 

Photo - 2011年5月 福島県会津若松市の白孔雀食堂にて 内藤さんと
Photo - 2011年5月 福島県会津若松市の白孔雀食堂にて 内藤さんと

恋都募金のはじまり 

会津若松市でソースカツ丼のお店、白孔雀食堂を営む内藤さんとわたしが出会ったのは2010年の秋。福島県郡山市のアート&デザイン専門学校と都内で出演させていただいた”We Art the World”という越尾さくらちゃんとのツアーで、出演後に声をかけてくださったのが内藤さんでした。ライブの前からWorld of SPYのアルバムを聞いてくださっていたみたいで、“恋都”がとても気に入ってくださったとのこと。奈良の歌なのに、福島の方にそう言ってもらえたことが印象的で、その後ブログを通して交流していました。

 

2011年3月11日、私は東京を離れ五日間の予定で鹿児島にいました。そして、あの大震災をTVで知りました。遠い鹿児島でさえも津波警報が出ました。混乱の中とても気がかりな内藤さんの存在。一体実際どうなってるのかわからないし、メールしてもただの邪魔かもしれない、電話してもおせっかいだろう。でも、とにかく無事が知りたい。その思いで次の日にメールをしました。

 

以下がそのときのメールの貼付けです;

(時間がたった今は温度差があるのかもしれないけど、掲載します。)

 

Ruth:

無事ですか?一言だけでもいいのでメールください。心配です。 


内藤さん:
メールありがとう!家中メチャクチャになったけど、今は片付いて今日は営業できました。ケガもなく家族全員無事です!ただ市内のガソリン、灯油、食糧が底を着いたので、しばらくは厳しいかもしれません。でもね、こんな時だからこそ皆で力を合わせて頑張らなきゃ!ルースの歌聴いて乗り切るよ^^メールもらって元気でた!本当にありがとう!!ルースも気を付けてね!!!

RUTH:
内藤さん、底力がすごい!会津のタカラ!こっちが元気もらったもん!頑張ろう!配達の受付が開始したら、必要なものを送ります。送ってほしいもののリストを用意していてください! 

内藤さん:
泣かせないでよ・・・本当にありがとう!メール開いて涙止まらないよ。マジで困ったら遠慮なくお願いするね!俺はソースカツ丼で皆を元気に!そして笑顔にする!ルースは音楽で皆を元気に!そして笑顔にする!食と音楽!この2つ、しつこいほど言ってるけど間違いないもん^^本当に本当にありがとう!!!ルースのとの出逢いに感謝。

RUTH:

頑張って!あたしには遠隔でなにもできない。でも、友達から内輪で寄付も集めるから郵送の受付が開始したら即送る。住所教えて!そして、いるものリストを同時にください。絶対にリストちょうだい。なかったら何が必要かわからずろくなもんおくれない!あたしも、歌がんばるからね! 

 

 

 

こうして恋都募金ははじまりました。たくさんの方々にご協力いただいています。 

 

2011年3月18日、内藤さんが送金したお金を市役所に届けてくれました!(そのときの写真 ー 左) 会津若松市役所の森澤さんと内藤さん、受領書と一緒に

 

2011年5月に会津若松市役所を訪れ、集まった義援金を市長に渡しました。(そのときの記事 ー 下、 産經新聞)

 

 

会津若松市役所ウェブサイト【東日本大震災寄付者の紹介】に記載されました。

 

【極上の会津】極上ブログで紹介されました。

 

産經新聞
産經新聞
福島民友新聞
福島民友新聞